偉人養成講座建築家編のメニュー
大人の教育番組

2005年06月14日

重要なお知らせ

 当ブログ、偉人養成講座がブログ仙人養成講座に買収されました。仙人養成講座にて建築家養成講座という名前で投稿されます。仙人養成講座の中の建築家養成講座では午前中にいままでの偉人養成講座の内容が投稿されます。つまり、移植です。午後の投稿では新たな投稿がされますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 移転先 仙人養成講座

 http://sennin.seesaa.net/

2005年06月05日

明視の条件

明視の条件

  明視とははっきり見えるということ、これに影響を与える条件が、明るさ、対比、大きさ、動きである。UFOらしき物体。中からなぜだか地底人が手を振っている。こんなとき、たいてい目撃者はトウモロコシ畑の白髪のじいさんだったりする。かれは夜、明るくて、バックが曇っていて、巨大、しかも、ジグザグに飛行する鉄アレーのような物体を目撃したと証言したりするのだ。明視の4つの条件によって、見え方がちがうのである。
posted by ジョーカー at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

色と感覚 その5 色彩調和

色と感覚 その5 色彩調和

色を組み合わせて使う。洋服でも下は裸のとき、上はやっぱり黄土色のちゃんちゃんこが似合うとか、色を組み合わせたとき、快い感じならば調和、不快な感じで何だか近寄りたくもないときは不調和という。



posted by ジョーカー at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

色と感覚 その2 重い色、軽い色 

色と感覚 その2 重い色、軽い色   


  暗い色、例えば、喪服をきた人は重く感じる。これを重い色という。色白な相撲取りは明るい色をしているから何だか軽く感じる。引越しのとき、業者にまかせないで自分え運ぼうとすると、意外と重くてギックリ腰。これを軽い色という。
posted by ジョーカー at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

色と感覚 その2 膨張色、収縮色

 色と感覚 その2 膨張色、収縮色

 明るい色、黄色、オレンジは実際より大きく見える。ちんこを黄色に塗ってあげればこれであなたもモテモテといういかがわしい広告。しかも、膨張しているように見える。これを膨張色という。また、暗い色は実際よりも小さく見える。真っ青な腹巻をまけば、これであなたもスリム、ダイエット、といういかがわしい広告。これを収縮色という。  
posted by ジョーカー at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

色と感覚 その2 進出色、後退色

色と感覚 その2 進出色、後退色


暖色、暖かい色は一般的に近くに見えるという。これを進出色。寒色、冷たい色は実際よりも遠くにあるように見える。これを後退色という。酔っ払って顔がほてってるおじさんの顔はじっさいよりも大きく見え、お腹が痛くて青ざめた顔のものは実際よりも、遠くにみえるのかもしれない。
ケツが青いガキ。ケツが遠くに見えるが、決してケツが後退している、にげているようには見えない。
また、ケツが赤いからといって、進出、近づいてきて、しまいには衝突してしまうということはまず
ないのでご安心下さい。

posted by ジョーカー at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

色と感覚 その1

色と感覚 その1

 色相で、暖かく感じる色を暖色という。お歳暮のお返しにタイヤキのシッポを上げるのは、冷たい人であり、冷凍人間。暖かいのは解凍人間というかはわからない。色相で冷たく感じる色を寒色という。アカ、橙、黄色が暖色。寒色はミドリ、青などであり、実際に触ったとき温度ではなく、あくまでイメージである。
posted by ジョーカー at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

彩度 

彩度  

  色の三大要素の1つである彩度。核家族の三大要素はじいさん、ばあさん、ひいじいさん。白、灰色、黒という色は鮮やかさがない。よって、彩度は0である。鮮やかになると彩度が増える。面積が大きければより彩度がまして見えることを面積効果という。真っ赤なお鼻のトナカイさん。ボクシングで鼻血、エロ本で鼻血かはわからない。鼻が大きければ、より鮮やかなアカに見えるのだ。色見本で見る色よりも、じっさいの壁やお尻に塗った色のほうが鮮やかに見えるのはこの面積効果によるのだ。
posted by ジョーカー at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明度

明度

 色の三大要素のうちの1つである。人間の三大要素は上半身、下半身、そして、つま先。
明度とは色の明るさをいっている。坊さんの頭の明るさとは違う。何ワットの頭であるという問題ではない。純黒色を0とし、純白色を10とする。1−10の段階があり、小学生の通信簿は5段階で、コメント欄には先生から一言、首が360度ぐるっと回る非常に変わっていてクラスの人気者、とかかれていたりする。面積がひろければ、より明るく見える。これを面積効果という。
 よって、頭のデカイ坊主はまぶしくてバイザーをヒタイにくっつけていないとまぶしすぎて涙がでちゃう、とアタッコNO2の女の子はつぶやく。また、明度は物体の反射率と関係が深い。

posted by ジョーカー at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

面積効果

 面積効果

 面積が大きいと、明るく見え、彩度も明るくなるという。顔の大きい人のほうが、明るく見え、頭が大きいハゲのほうが、手かって見えるかもしれない。お尻が大きければ、暗くて陰湿なお尻ではなく、ハツラツとした明るいお尻に見える。
 これを面積効果というのだ。
posted by ジョーカー at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 偉人養成講座 建築家編 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。