偉人養成講座建築家編のメニュー
大人の教育番組

2005年05月06日

遮音効果

 遮音効果 

 隣人のイビキがぶーぶーとオナラそっくりでどうも気になる。そんなときは遮音効果の大きい壁が必要。遮音効果とは、壁が音をちゅーっと吸ってしまう、つまり吸音力が大きいほどいいとは限らない。ここがポイントである。ところが、透過音の投射音の対する割合、つまり、透過損失が大きいほど、遮音効果は大きい。
 壁の面密度が大きいものは遮音効果の大。つまり、凝縮されている密度の濃いーのがよろしいという。コンクリートやレンガである。
posted by ジョーカー at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。