偉人養成講座建築家編のメニュー
大人の教育番組

2005年05月12日

マンセル表色系

マンセル表色系

 物体には色がついている。赤いパンツ、青いパンツ、どのパンツに止まろうかと迷った挙句、うんこに止まったチョウチョ。物体の表面の色を、色相、明度、彩度にわけたのがマンセルという人。色相をH,明度はV、サインはVではなく明るさはVである。宅急便のサインはV。そして、彩度をCで表す。HV/Cで表示するのだ。Hは色相で色の質のようなもの。ピンク、アカ、青、パンツの色と思えばかなり、Hである。ピースをして、Vサインから光を放つ謎の少年。つまり、明度である。彩度は鮮やかさである。Cはパックンマン。口から鮮やかなケロを出す。ケロである。無彩色とは白、黒、灰色であり、色相、彩度がなく、明るさ、つまり、明度だけがある。ハゲは無彩色ではない。たしかに明るさだけがひときわ目立っている。よって、無彩色は無彩色である記号をくっつけた明度だけで表記される。
posted by ジョーカー at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。