偉人養成講座建築家編のメニュー
大人の教育番組

2005年02月11日

必要換気回数

必要換気回数

最低限必要な換気量がないと人間は生きて行けない。エラ呼吸で深呼吸するラジオ体操のおじさんならば、だいじょうぶかもしれない。この必要な換気量を部屋の容積で割ってやれば、何回空気を入れかえればいいかわかるのだ。これを必要換気回数という。

CO2の発生する量は人の口の大きさに比例するのではない。部屋にいる人数と部屋の使用用途によって違う。深呼吸するための部屋でしかも、大量の鼻の穴が大きい人がいる部屋ならば、必要換気回数がちがってくる。相撲部屋ももちろん違うであろう。

必要換気回数の基準は次のようになる。

住宅の居間は2−3回/h、台所2−5、

事務室3−6

学校教室 6

病院 病室 6

     手術室 10

劇場 客室 8−10

喫煙室 10

この覚え方は

居間で兄さんがエラ呼吸、狭い台所でジーコさんがサッカー

事務室ではまじめなサブローさんがお仕事。

病室ではロックンローラーがエラ呼吸

手術室でとーさんタバコ吸い

劇場の客室には鳩いっぱい

やっぱり、劇場の喫煙室ではトーさんタバコ吸ってるのだ。

posted by ジョーカー at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

必要換気量

必要換気量

部屋の中を快適に保つために最小限必要な換気量。よって、ただの換気量ではない。この換気量に達しなければ、ロズウェルの宇宙人もシロ目になる。部屋の中の人が口から吐きだすCO2の量を、これ以上はまずいだろーという許容濃度量よりも低くする。怪獣ガジロならば、口から火をふき、古典的なインド人も口から火をはく。マキ―シローだけは、口から世界の国旗を出している。CO2は有害である。口がうんこくさい人は、おそらく、お尻からモノをくっているのだろう。
  部屋の中にこれ以上CO2があったら、もう我慢できないCO2濃度を許容CO2濃度という。許容CO2濃度にならないための最低限の新鮮空気の供給量が必要換気量。
 よって、窓を最低限、これ以上あけないと酸欠になってしまうというぎりぎりの線だ。タシロンマ―キーが風呂場の窓をこっそり開け、のぞいてくれたおかげで必要換気量が得られたりするのだ。

 必要換気量Q=M/(p−q)

ここで、Qは必要換気量、Mは実際のCO2の量、pはCO2の恕限度(%)、qは新鮮空気の中のCO2の濃度(%)である。

pであるCO2のこれ以上はまずいという濃度から、窓を開けたときに入ってくるスガスガシイ新鮮な空気にも含まれている臭い空気、つまり、CO2の濃度を引く。すると、今、ぎりぎりセーフのCO2の濃度が求まり、これで実際のCO2の量を割ってやればよい。ここでは、濃度、%で割るのだ。
 ちなみに窓を開けたとき、CO2を含む新鮮な空気といったが、これは臭い新鮮な空気、きたない新鮮な空気という表現と同じで何だか矛盾しているような気がする。

 また、必要換気量を部屋の容積で割れば、最低限必要な換気回数がえられるのだ。 
 何回、空気を出しいれすれば、最小限生きていける空気に入れ替わるかがわかるのだ。

posted by ジョーカー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

空気汚染

空気汚染

部屋の中の空気は、オケラのオナラや、観用植物でお尻を飼っていたら、すぐに汚染されてしまう。
部屋の中の空気のCO2、つまり、二酸化炭素の濃度でどれくらい汚染されているかを示す。
衛生上許されるCO2の限度を恕限度という。ジョゲンドである。だんぺーさんのオナラにCO2が含まれていることがどこかの研究所で発表され、いつもいっしょにいる明日のジョッもその異臭に絶えられなくなる限度。これがジョ限度である。
posted by ジョーカー at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

換気回数

換気回数 

一時間に何回空気が入れ替わるかを換気回数という。
窓からネズミ小僧が一時間に3回出入りする。
すると、どろぼう回数=毎時のねずみ小僧の量(m3/h)/部屋の容積(m3)
ちなみに毎時のねずみ小僧の換気量とはその単位から解るように、
ねずみ小僧の体積を3m3、一日で100回出入りすると、合計300m3のねずみ小僧が一日に
出入り。一時間当たり、ねずみ小僧は300m3/24時間で約12m3。
これが一時間当たりのねずみ小僧の出入りした量である。
これを部屋の容積3m3で割ると、一時間当たり、4回もどろぼうが出入りしたことになる。

これを換気量に置き換えると、換気回数(回/h)=毎時の換気量(m3/h)/部屋の容積(m3)
となる。

この換気回数は、自然換気、機械換気、両方で使える便利な式である。
posted by ジョーカー at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

機械換気

機械換気

 機械の体を求めてリスざるのミエテルを鎖骨の上にのせ、三千里の旅にでる。機械の体には、強制的に機械によってオナラを外に押しだしてり、強制的に空気を取りこむ送風機がついている。家では強制的に空気の出し入れをするから、この機械換気のことを強制換気ともいう。

 機械換気は大きく三つに分れる。

 第一種換気  機械で給気、機械で排気、いたれりつくせリ、機械の家  これを併用換気という。

 第二種換気  機械で給気、自然に排気。二回目の深呼吸は強引に機械のツケバナから空気を吸い、すかしっぺで自然に空気を排出。  これを空気を強引に部屋に押しこむので押込換気という。

 第三種換気  機械で強引にみじんこが泳いでいる淀んだ空気を外にだし、自然に空気を取りこむ。

 これを自然に空気を取りこむというイメージで吸出し換気という。住宅の台所や風呂場は狭くて新鮮な空気が足りなくなるので、この排気ファンによる吸出し換気が使われる。一般住宅は自然に空気を吸ってしまう吸出し換気だ。
第四種換気   自然給気口をつかった排気塔。これは、機械換気ではなく、例外であり、自然換気。すべて、自然におまかせの第四種換気。電気代もかからなくて、でん子―ちゃん喜ぶのだ。
 
posted by ジョーカー at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

風力換気

風力換気

建物の前の風は強い。看板が空を飛び、家の玄関前で待っている友達の20年間、ほくろに成りすましていたハエも風にとばされる。ところが、家の裏は、風がほとんどない無風に近い状態。玉さだはるが一本足打法でフラミンゴに求愛をしていても、風にもっていかれることがない。建物の前後で風の強さがちがうのだ。このとき、空気の圧力の差が生じる。空気の密度に違いがでるのだ。風が強くふいていれば、空気は凝縮される。濃縮トマトジュースである。しかし、風が無いと空気は疎になる。そして、この圧力の違いが、部屋の中を換気するのだ。アゴヒゲが密の人とアゴヒゲが粗の人が並ぶと、密のヒゲの一部が粗のヒゲの人のアゴに逃げてくる。つまりは、平均的になろうとする。
 この風力による換気量は、窓などの開口の大きさと風の強さに比例する。大きな窓を開けっぱなしにすれば、換気がよくなるのは何となくわかる。社会の窓を全開にすれば、あそこも涼しい。風の強さが大きくなれば、今、言ったような圧力の差で部屋を通る風が勢いよくなる。つまり、換気量と風の強さも比例するのだ。これをこむずかしい式であらわす。
 一秒間に何立方メートルの風が出入りするかであるから、単位は立方メートル/secとなる。
換気量V=αA√c1ーc2 * vである。Aが開口に上くちびる、下くちびるが付いていようが、いまいが開口部の面積である。vはガールルイスよりも遅いか、早いか関係なく、風の速度。αは流量係数という何だかよくわからないが、決まり事のようなもの。cは風圧係数といわれる。ちなみに、係数とは決まった値であり、誰が決めたのかはコウモリだけが知っている。しかも、イコールの右と左の帳尻合わせのためにくっつけるものである。
posted by ジョーカー at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

自然換気

自然換気

自然換気とは風が窓から給気口、排気口、窓などから出たり入ったりする
ことによって、部屋の中の空気がよどまず、新鮮でいられる。ドレイモンがオナラして、
ごろスケもオナラ。混ざり合って空気がよどむ。浴そうでオナラすると、あぶくがヒョウタン型していたら、
徹底している。そんなとき、思わず、窓をあけてしまう。
また、部屋の中と外との温度差によって浮力というものが生じる。部屋の中はまるで、カンガルーのパンツの中。カンガルーはパンツの中で子供を育てるのだ。暖かい部屋の中、暖炉の脇のアームチェア―に腰かけて、コーヒーでも飲むと、どこからともなく、ママさんコーラス部隊が現れ、だばだーだばだーっとBGMが聞こえてきそうだ。一方、外は雪景色。マッチ売りの少女が雪だるまを作って、通りゆく人々に投げつける。雪だるま風雪合戦とでも訳して置こう。部屋の暖かい空気が排気口を通して、外に逃げる。暖かい空気は冷たい空気よりも軽い。暖かい力士は宙を舞い、冷たい力士は地をはっている。すると、暖かい空気は天井へ向かう。よって、天井にしがみつくスッパイダ―マンが一番あったかい。そして、排気口によって、外に逃げる。結果的には、部屋の中の空気はかき混ぜられているのだ。
posted by ジョーカー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

換気法

換気法

 換気する方法は大きく分けると
自然換気と機械換気に分けられる。自然換気とは
読んで字のごとく、自然に給気して、排気するもの。ラジオ体操
で深呼吸して、その直後オナラである。

 機械換気は口か、お尻の片方、もしくは両方に機械を取りつけ、
強制的的に深呼吸とオナラをさせたりするもの。

 自然換気は、風力換気と重力換気に分けられる。
自然の風を利用して、空気の出入りをするものが風力換気。
重力換気とは、給気口と排気口、口とお尻の距離が離れていれば、
空気の重さで自然に空気の流れが生まれるのだ。

 また、機械換気は第一種機械換気、機械換気は第二種機械換気、
機械換気は第三種機械換気に分けられる。機械を口とお尻につけている
サイボーグのような家である。この機械給気、機械排気の組み合わせは
口に機械、お尻は素のお尻。口は普通でお尻が機械、その両方が機械という
ように分けられるがこれに関しては後述します。
posted by ジョーカー at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

換気量

換気量

換気とは、たとえば、
社会の窓のような開口部の内と外の
圧力に差があるときに発生する。
風船の中の空気は圧縮され、
ミサイル1本で簡単に破裂してしまう。
外の空気よりも、
風船の中
の空気の方が密であるから、
そとに空気くんたちは、
新鮮な空気を求めて飛びだすのだ。
社会の窓からは何かが顔を覗かせ、
様子をうかがっているが、
パンツの中の空気がぱんぱんならば、
勢いで息子が外に飛びだし、
家出してしまう。
 また、換気をよくしないと、
酸欠になってしまったり、
ハンケツになってお尻半分、
風邪をひいてしまう。
この換気する空気の量を換気量という。
社会の窓を通して空気の出入りがあるが、
やっぱり酸素不足になると、
パンツに幽閉されているお姫さまこと、
チン子さまが危険なのだ。

 換気量とは一秒間あたり、
何立方メートルの空気が出入りしたかである。
単位はm3/secである。
この換気量に比例するのをここにあげる。
比例とは相手が増えたら自分も
増えてしまうというやつだ。

まず、換気量は窓の大きさAuに比例、
窓がひろければ、いっぱい空気が入ってくる、
つまり、換気量が増える。
どろぼうのいっぱい入ってくるのだ。

次に、外の風の速度v m/sec。
外に風のカン太郎が走り回っていたら、
部屋の中の換気がよくなって、新鮮である。
内と外の温度差にも比例。
外は極寒で鼻水がイテつき、
部屋の中はオラウ―タンがバナナを
食べているような温暖な地である。
こんなとき窓をあけると、
すぐに換気ができるのだ。
つまり、温度差をΔtとしたとき、
√Δt に換気量は比例する。
Δt=外の温度引ー部屋の温度 である。

部屋の中と外との圧力の差にも比例。
東京ドームンのように、
密閉された部屋で、
空気が痛いくらい圧力を感じる部屋。
そんなとき、窓をあけたら、
空気が外に勢いよく逃げていく。
つまり、換気される。
圧力の差をΔpとすると、
√pに換気量は比例するという。

最後に給気口と排気口との高さの差も
換気量に比例。給気口はいわば、口であり、
排気口はケツの穴。口から吸って、
お尻から空気をだす。
口とお尻が離れている人のほうが、
換気がよろしいことになる。
力換気ともいって、
高さの差が大きいと空気の重みで
上から下へと空気が流れるからだ。
高さの差をΔhとしたら、
√Δhに換気量は比例する。
posted by ジョーカー at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

室内設計目標値

室内設計目標値

部屋の中で環境を設計する。
天井に雷雲が現れて、
高木ピッピーがオナラして
いくとか、和室で干ばつがひどくなり、
ヌーの大群が障子を破ってでて
いくなど、部屋の中の環境を快適にしたい。
換気扇を回したり、冷暖房をつけたり
するのだが、換気扇ではなく、サラを
まわしても、サルをヒタイにのせて
ぐるぐる回すのではない。
つまり、部屋の中の空気を
新鮮にするため、空気調和が必要だ。
オナラとゲップを空気中でみごとに
調和させるのだ。
冷暖房をしっかりしないと、
ペンギンが熱くて、あぶらぎってしまう。
空気調和と冷暖房をオンにし、
稼動したときの目標の値は次のようになる。

夏は乾球温度26度で相対湿度 50% 気流、風の速度は25cm/s以下。
冬は乾球温度20−22度で相対湿度 40% 気流、風の速度は25cm/s以下。

語呂合わせすると

夏、乾燥した金玉は次郎さんのもの。
相対性理論の本はじめじめし、
ごーっというイビキをかきながら読んでいる。
そとは相変わらず、
風が強くて地獄である。

冬、乾燥した金玉はニオーさんとじいーさんのもの。
相対性理論はじめじめしているが、
よっしゃといいながら、
本を読んでいる。
外は相変わらず、
風が強くて地獄である。

posted by ジョーカー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

快適範囲

  快適範囲

ヤグローは快感線図という図を描いた。
どこを触ると気持ちいいとか、
耳かきをするときは、
穴の中の上からせめるか、
下の方から責めるかなど、
そんな快感について描かれたものでは
断じてない。
人間が、場合によっては
ドロくさい真っ白な宇宙人が部屋の中に
いたとき、ET、つまり、
有効温度と相対湿度との関係で、
どの状態が快感であるかを、
居心地がよいかをかいたものである。
居心地が悪いとすぐに帰って
しまうからだ。
これをヤグローの快適域といって次の値だ。

夏  ETが18.9−23.9度 のとき
 相対湿度 30−70パーセント

冬  ETが17.2−21.7度 のとき
 相対湿度 30−70パーセント

この覚え方は、
夏にETが岩、食って、兄さんも食っちゃったとき、
相対性理論を読みながら湿度を保った部屋で
みんなパーっと食ってやるとそうつぶやいた。

冬にETがイイーナニ食って
(あろうことか上等のナニを食った)、
じーナニ食って(
あろうことかじいさんのナニ食った)、
相対性理論を読みながら湿度を
保った部屋でみんなパーっとくって
やるとつぶやいた。
 
posted by ジョーカー at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

絶対湿度

  絶対湿度の絶対っていうのは、いつでもどこでも成り立つということ。
相対湿度は、力もちの空気くんがもてる水の量には限界があり、しかも、温度によってその持てる限界が変わると言った。しかも、この限界の量で今含んでいる水の量を割ってパーセントであらわした。
 ところが、この絶対湿度は、ごきげんよーのサイコロステーキに含まれる水の量。ただ、それだけのこと。実際に空気くんがどれくらいの水を持てるかなんて関係がない。だから、パーセントであらわさず、そのごきげんよーのサイコロに入っている水って何sなの?と、ただ、それだけなのだ。
大相撲の力士は何sの水分がふくまれているの?と力士に面と向かって問いかけたら、つっぱられて、逆あけぼーの状態間違いないのだ。
posted by ジョーカー at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

相対湿度

  1立方メートルとはどれくらいか?身長1Mの宇宙人の身長が一辺であるサイコロ。
ごきげんかい、という番組のサイコロはこれほど、大きくない。ゲストが腕の細いイソギンチャクのような人ならば、それを転がせないからだ。二宮銀次郎というマキを背負いながら、健康サンダルをはく、やっぱり宇宙人は、身長1Mであるという。全国共通で銀次郎像の身長は1mであるらしい。この1立方メートルのサイコロの中に空気がつまっている。オナラも若干混ざってるかもしれないが、このことは親には内緒だ。
 サイコロの中の空気は水分を含む。空気とは、水分を蓄えるという。空気くんが水を手で持つ。これがこの有名な水蒸気である。空気がどれくらいの水をもてるかというと、1立方メートルのサイコロあたり、何グラムか決まってるらしい。これを最大の水蒸気量という。ところが、サイコロの中の空気はこんなに水を持っていないとする。今、空気がかかえている水蒸気の量をそのまんまに表現して水蒸気量という。
さて、今、空気が持っている水の量。これを最大限がんばって、オナラがジジジと電子音をなるまでがんばって持てる水の量で割ってやる。これを相対湿度という。
今、やってること、例えば、100キロのじいさんをもちあげているのだが、本当は500キロのじいさんを持ち上げる能力を持っている。100キロ割る500キロで、それに100をかけてやると、20%の能力しか出していないことになる。これが相対的というゆえんである。
 ちなみに、ここで注意が必要。これを守らないと魔法使いにホウキではかれてしまう。
 この相対湿度は、同じ温度で計算するのだ。なぜなら、空気くんや人が水を持つ能力の限界は温度によって異なるからだ。50度の炎天下では、バテテしまって最大能力がさがるし、寒くなれば、少しは最大能力が上がる。空気くんも人間もいっしょなのだ。
posted by ジョーカー at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

気候要素

  気候要素
人間に影響を与える気候現象である。つまり、外でラジオ体操をしているときにどんな影響があるかだ。ライオンにかまれたり、オラウータンに殴られるのが気候現象ではない。頭にカツラをのっけている人にとっては、雨風は対敵であり、滝のようになって、ズラがもって行かれてしまう。また、日照も対敵だ。日が強すぎてマブタの裏にホクロが出き、日がな一日とれない。直射日光によってシミだらけ、パンツもシミ、ソバカスだらけになりかねない。そして、気温は低すぎては、汗がとめどなく出て、ツケまゆげがとれてしまう。湿度が高すぎてズラがむれ、湿度が高くなって、頭皮とズラの間からゲンゴロウが顔をだすのだ。気温、湿度、雨風、日照の四つを気候要素というのである。
posted by ジョーカー at 13:59| Comment(0) | TrackBack(1) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

有効温度

 有効温度
部屋のなかで、人間が感じ取るのは、親父のいびきや、隣人の叫び声、特に、隣人がムンクだったら、かなりうるさいが、それだけではない。肌で感じる、温度、湿度、気流である。熱せられて、乾燥して、風がふき、髪の毛が乱れたら、ETもたいへん苦労する。さっきの温熱要素にはあったふくしゃがここにはない。壁から青白い光線がでてくることは、あまりないから、はぶいたのだ。このふくしゃによってやられてしまう前のETを記念して、有効温度をETと名づける。これはヤグローという人によって考えられ、ヤグローの群れはナイル川をわたりそうな気配だ。ヤグローの有効温度は、図になっている。絵書き歌にはなっていない。そして、気流、風速が強くなって、ETもかごの中にいられなくなったら、有効温度がさがるという。これは端的に言って、風がふくと寒くなるということだ。鼻水がでるのは怪奇現象ではなく、風がふいてさむくなったからである。
  
posted by ジョーカー at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

温熱要素

  温熱要素
部屋の中にいる人間はいつも、放熱している。放熱とは、体から熱が入ったり、出たり忙しいことだ。
エイリアンの映画でもエイリアンがお腹から出たり入ったり忙しい。
部屋の中で何をしているかは別とする。たとえば、布団の上でクロールの練習かもしれない。この放熱に影響するのは、四つあるという。気温、湿度、気流又は風速、そして、回りの壁からのふくしゃである。
 ここで、ETを思い描いて欲しい。ETは部屋の中でハエを人さし指でつぶして遊んでいる。部屋にはストーブがなく、鼻水が凍って空気が乾燥し、肌が脱皮した挙句、換気扇の風でヘアーが乱れる。最悪の事態で、もう地球のお内にはおじゃましないとつぶやいた瞬間、あろうことか、壁がオレンジに光り、体が熱によってどろどろとなる。気温、湿度、気流、ふくしゃは住む上で重要なことである。この四つを温熱要素という。


posted by ジョーカー at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い建築計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。